現在、日本人選手4人が所属するセルティック。

2005~2009年までプレーした中村俊輔は、145試合で31ゴールを決めるなどクラブの英雄になった。

そうしたなか、元スコットランド代表DFスティーヴン・プレスリーがベストイレブンに俊輔を選出していた。

48歳の彼はレンジャーズやセルティック、ハーツでプレーしたDF。2006~2008年に所属したセルティックでは18試合にしか出場しなかったが、俊輔のプレーは目に焼き付いているようだ。

『Football Scotland』の企画でベストイレブンを選んだプレスリーはこう話している。

スティーヴン・プレスリー

「彼は並外れたセットプレーキッカーだった。素晴らしいプロフェッショナルでもあったね。

彼はボールを貰っても、常に何かをしなければいけないとは思っていなかった。

仕事の多くがとてもシンプルだったが、そのシンプルなことを本当にうまくやっていたよ。

そして、ここぞという時にそれを発揮するクオリティーがあった。

稲妻のようなスピードはなかったけれど、ボールの扱い方は素晴らしかったね。

ボールを支配するチームにフィットする選手だったと思う。

ファイナルサードでボールを託せば、彼はその瞬間を生み出すクオリティがあった。

ただ、スピードがあるわけではなかったので、カウンター向きの選手ではなかったね。

彼はボールを支配するチームでプレーしなければいけない選手であり、当然ながら、セルティックはそうだった」

セットプレーが素晴らしかったというのは納得だが、シンプルなプレーが卓越していたというのは面白い見方かもしれない。

【動画】これで納得!中村俊輔、セルティック時代の神ゴールまとめ

なお、俊輔は左ウィングとして選ばれている。その他のメンバーは、GKクレイグ・ゴードン、RBモーリス・マルパス、CBリチャード・グフ、CBテリー・ブッチャー、LBジョン・ブラウン、CMジム・ベット、CMジェームズ・マディソン、CMトレヴァー・スティーヴン、RWブリアン・ラウドルップ、FWマーク・ヘイトリー。

現在レスターで活躍するマディソンはプレスリーがコヴェントリーの監督時代に抜擢した選手だ。

スティーヴン・プレスリー

「私がコヴェントリーで抜擢したマディソンは16歳でトップチームとともに練習するようになった。

最初の練習から、自分がふわさしい男のように振る舞っていたよ。彼は自分がいい選手だと分かっていた。

試合や練習をコントロールしたがった。試合のテンポをコントロールする天性の能力を持つ選手だったね。

自分のゲームに一生懸命に取り組んでいたよ。

練習終わりに窓の外を見ると、彼はトレーニング場でフリーキックの練習をしていたものさ」