かつてユヴェントスで長くプレーしたことで知られている元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオ。

慢性的な怪我を抱えていたこともあって30代前半での引退を決意し、それからメディアでのコメンテーターをしながら、妻ロベルタとともに悠々自適な生活を送っているという。

そんな彼であるが、今回新たな箇所に怪我を負ってしまったようだ。

【動画】右手の人差し指をバッサリ切ったマルキージオ

どうやら、マルキージオはパンを切るときに勢い余って右手の指までもバッサリやってしまったようだ。

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名