今季はUEFAチャンピオンズリーグでグループステージ敗退となったバルセロナ。

ヨーロッパリーグに回ると、難敵ナポリを2戦合計3-5で撃破した。

冬に獲得した新戦力ピエール・オーバメヤング、アダマ・トラオレ、フェラン・トーレスは2ndレグでも得点に絡む活躍を披露。チャビ監督はその新加入選手たちについてこう述べていた。

チャビ・エルナンデス(バルセロナ監督)

「オーバメヤングには驚かなかったよ。彼は常にその能力(得点力)を持っているからね。

アダマはポゼッションを奪い返す能力に驚かされた。

最も驚いたのは、フェラン。彼はスペクタクルだよ」

古巣に戻ってきたアダマ・トラオレはウルヴスでの2年間に記録したアシストよりも多くのアシストをすでにバルサで記録している。ただ、指揮官は攻撃ではなく守備面での貢献に驚かされたとのこと。

【動画】これはやばい…筋肉王トラオレ、相手を吹き飛ばす肉弾守備シーン

また、チャビ監督は構想外が囁かれたセルジーニョ・デストについても、「バルサのレベルにあることを証明した」と評価していた。