この冬にアーセナルからバルセロナに移籍したピエール・オーバメヤング。ドルトムントで一緒にプレーしたウスマヌ・デンベレとスペインの地で再会することになった。

『Mundo Deportivo』のインタビューでオーバメヤングはこんな話を明かしていた。

ピーエル・オーバメヤング

「(バルサ加入決定前に)彼は自分が来るのかを知るためにメッセージを送ってきたんだ。

彼も同じような状況にあったので、自分は彼を困らせることはしたくなかった。でも、少し話を続けたよ」

「(5年ぶりに一緒にプレーすることについて)

とても特別さ。僕らはドルトムントで素晴らしい1年を過ごしたし、彼はとんでもない選手だからね。

ウスマヌはボール扱いでは最高の選手のひとりだし、アタッカーとしても素晴らしい。

正直に言って、彼がここにいてくれてとても嬉しい。

加入した時に伝えたんだ。『ここに残らなきゃダメだぞ』ってね(笑)。

(デンベレが心変わりして、契約を更新する望みはまだあるか)

それは分からない。でも、人生では何でもありえるということだけは言えるよ」

バルサに加入した際、オーバメヤングはデンベレに残留して欲しいと言葉をかけていたとか。

【動画】デンベレ、ドルトムント時代の香川真司との合体ゴールシーン

旧友との再会でデンベレが心変わりする可能性はあるだろうか。