この夏にキリアン・エムバペの獲得を目指しているレアル・マドリー。さらに、もう一人の若手FWアーリン・ホーランも狙っているとされている。

ただ、『Marca』によれば、レアルは来シーズンにチーム大改造に踏み切る考えはないそう。

新型コロナウイルスの世界的流行以降、財政状況は厳しいものになっており、来季も散財するつもりはないとのこと。

その一方で人員整理は進めるようだ。契約が今季限りのギャレス・ベイル、マルセロ、イスコはそのまま退団する予定。また、契約が残っているヘスス・バジェホ、マリアーノ・ディアス、ダニ・セバージョスも退団する見込みだそう。

さらに、エデン・アザールの現金化も検討しうるほか、この夏にはマルコ・アセンシオの去就も議題になるとのこと。

36歳ルカ・モドリッチも今季限りの契約だが、彼は来季の構想に入っており、契約更新が近いとされている。

【動画】もう一生見られない!?アザール、久保建英との仲良しシーン

その他では、カスティージャからラージョに売却された22歳の左SBフラン・ガルシアを買い戻す可能性もあるそう。久保建英については言及されていないが、果たして。