ラ・リーガ第25節、バルセロナは敵地でのバレンシア戦に1-4で勝利した。

冬に加入したピエール・オーバメヤングは移籍後初ゴールを含めてハットトリックの大暴れ。

試合後には「最後にここでプレーしたアーセナルでのEL準決勝でもそうだった。このスタジアムは我が家みたいだね」と笑顔を隠せずにいた。

【動画】バルサで嬉しい初ゴール!オーバメヤングのニコニコシーン

オーバメヤングは2018-19シーズンのEL準決勝でもバレンシア相手に爆発。

ホームでの1stレグで1ゴール、アウェイでの2ndレグではハットトリックを達成している。もはやメスタージャは我が家のように感じているようだ。

チャビ監督も「彼はキャリアで常にゴールを決めてきた。スペースにうまく入る。成熟しているし、インテリジェンス、謙虚さ、ポジティブさがある。嬉しいね」と讃えていた。

なお、オーバメヤングはバレンシアとの対戦した4試合で7ゴールを奪取している。ちなみに、最も多くのゴールを奪っているクラブはフランクフルトだ(13試合で10ゴール)。