川崎フロンターレの“バンディエラ”としてJリーグ史に名を残し、2020シーズン限りで惜しまれながら現役を引退した中村憲剛氏。

そんな彼のキャリアを綴ったドキュメンタリー映画『ONE FOUR KENGO THE MOVIE ~憲剛とフロンターレ 偶然を必然に変えた、18年の物語~』が昨年11月に公開されると、大きな話題となった。

この時は川崎市の一部映画館での公開だったが、舞台あいさつに訪れたJリーグの村井満チェアマンは、全国公開を約束。

今年に入り、Jリーグのタイトルパートナーである明治安田生命保険相互会社が協賛する形でそれが実現することになった。

映画は、2月11日(金・祝)より各地のイオンシネマ主要劇場にて独占上映される。全26劇場の一覧はこちら。

  • イオンシネマ板橋
  • イオンシネマ新百合ヶ丘
  • イオンシネマみなとみらい
  • イオンシネマ市川妙典
  • イオンシネマ幕張新都心
  • イオンシネマ川口
  • イオンシネマ高崎
  • イオンシネマ守谷
  • イオンシネマ新潟南
  • イオンシネマ松本
  • イオンシネマ石巻
  • イオンシネマ天童
  • イオンシネマ旭川駅前
  • イオンシネマ大高
  • イオンシネマワンダー
  • イオンシネマ名古屋茶屋
  • イオンシネマ金沢フォーラス
  • イオンシネマ各務原
  • シアタス心斎橋
  • イオンシネマ京都桂川
  • イオンシネマ岡山
  • イオンシネマ広島西風新都
  • イオンシネマ高松東
  • イオンシネマ今治新都市
  • イオンシネマ福岡
  • イオンシネマ佐賀大和

このほか、ドライブインシアターも以下の3会場にて実施されるという。

  • 2月12日(土) イオン市川妙典
  • 2月12日(土) イオン海老名
  • 2月19日(土) イオンモール名取

作品内容:
日本中が日韓ワールドカップに沸く2002年の夏、一人の無名の大学生が、観客も記者もほとんどないJ2のサッカークラブの練習に参加していた。そこから始まる18年間の物語。中村憲剛と川崎フロンターレは、何を信じて、何を目指して、これまで歩んで来たのか?
30名を超える関係者へのインタビュー、そして現役最後の2カ月間に密着した映像と共に紹介します。クラブ初の公式ドキュメンタリー映画です。

【関連記事】川崎の天下は続くのか?最新トレンドからJの「新たな時流」を読み解いてみた

Jクラブとしては後発ながらも、「プロスポーツ不毛の地」といわれた川崎で地域とともに歩み、今や日本代表を次々と輩出するようになったフロンターレがいかにして生まれたのか。

『ONE FOUR KENGO THE MOVIE ~憲剛とフロンターレ 偶然を必然に変えた、18年の物語~』は、国内・海外という枠にとらわれずそれぞれの土地に根差したスポーツ文化を愛するサッカーファンなら、絶対に観て損はない映画だ。

2月11日公開だが、おそらく上映期間はそれほど長くないはず。18日の明治安田生命Jリーグ開幕に向けて気持ちを昂らせる意味でも、ぜひ早めに劇場へ足を運んでみてほしい。