ローマとイタリアで期待されるニコロー・ザニオーロ。22歳の彼は190cmと大柄ながら、スピードとフィジカルを合わせもつ大器だ。

ただ、かつてローマで活躍した元イタリア代表アントニオ・カッサーノからするとまだまだのようだ。『Bobo TV』でこう述べていた。

アントニオ・カッサーノ(元イタリア代表FW)

「コンディションがいい時は、あのフィジカルで得点を奪えるし、いいプレーをみせる。

だが、俺からすれば、偉大な選手ではない。パスの出し方が分かってないし、地面を見ながら走っている」

パススキルとヘッドダウンしてしまう点を指摘していたようだ。

【動画】偉大じゃない!?大器ザニオーロ、伝説級の衝撃ゴール

今季からジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマは現在7位。カッサーノはこうも話していた。

アントニオ・カッサーノ

「モウリーニョがもっと時間を必要としているのは事実だ。

だが、最近のチームは苦しんでいるし、戦術もない。

いまだにモウリーニョはチームが必要とする安定性を与えられていない」

【厳選Qoly】2024年、ヨーロッパで「優勝タイトルを獲得した日本人選手」15名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら