かつてマンチェスター・ユナイテッドで長くプレーし、現在はイタリア・セリエAのローマに所属しているDFクリス・スモーリング。

彼は今回クラブ公式のYoutubeに出演。「UNDERRATED・OVERRATED」(過小評価?過大評価?)という企画でさまざまな質問に答えていた。

例えばタトゥー(入れ墨)については「過大評価されている。良いものもあったが、悪いものも見てきた」と。またセリエAについては「過小評価されているよ。イギリスではあまり注目されていなかったが、今はすべての試合が放送されている。着実に成長しているね」と話していた。

そして、その中ではヴィーガン食を実践しているスモーリングに対して「豆腐は過大評価?過小評価?」という質問があった。

クリス・スモーリング

「豆腐は、僕から見て非常に過小評価されているものだ。

豆腐にはさまざまなバージョンが存在している。それらをすべて体験しようとするか、あるいは上手く調理する方法を知っているか。そうでなければ、真実の評価を与えることはできないと思うよ。

したがって、豆腐は過小評価されていると思う」

【写真】「菜食主義はいいぞ!」 あのスモーリングがオススメする理由とは

スモーリングにとっては、豆腐はさまざまなバリエーションが知られていないが故に過小評価されているものであるそう。