ユヴェントスはフィオレンティーナからセルビア人FWドゥシャン・ヴラホヴィッチを獲得した。

移籍金は7000万ユーロ(90億円)、契約期間は2026年6月末までと発表されている。また、背番号はクリスティアーノ・ロナウドがつけていた7番に決定。

そうしたなか、かつてユーヴェで守護神を務めたジャンルイージ・ブッフォンは『Gazzetta dello Sport』のインタビューでこう述べた。

ジャンルイージ・ブッフォン

「(ヴラホヴィッチの獲得は)破格だし、驚くべきものだ。

彼はアーリン・ホーランとキリアン・エムバペと並ぶ世界最高の若手選手だ。

普通ではないものを持っている。フィジカルとダイナミックさを持つ“9番”の進化系だ」

「(ユーヴェとの契約が今季限りとなっているパウロ・ディバラについて)

自分なら給与を減らしてもユーヴェに残る。ただし、彼が正当に評価されていると感じているならね。

自分がユーヴェなら、ヴラホヴィッチとディバラのアタッキングデュオに興奮するだろうね」

22歳のヴラホヴィッチは190cmの体躯を持つレフティストライカー。

【動画】ロナウドの7番継承!怪物ヴラホヴィッチの超ゴール

今季は全コンペティション24試合で20ゴールと爆発しており、ブッフォンは世界最高の若手ストライカーと評価しているようだ。