日本代表チームは27日、ホームでワールドカップ予選の中国戦に臨み、大迫勇也と伊東純也のゴールで2-0と勝利を収めた。

この試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたのは、1点目のPKを奪うクロスに加え、自らヘディングでもゴールを決めてみせた伊東純也だった。

【動画】鮮やかなヘディングで追加点を叩き込んだ伊東純也

更にワールドカップ最終予選での3試合連続ゴールとあって、まさに日本代表の得点源といえる存在に。

しかし試合後の記者会見に出席した伊東純也は以下のように話し、「自分でも驚いている感じではある」と語っていた。

伊東純也

「そんなに得点を取るタイプではないので、結構自分でも驚いている感じではありますね。

毎試合ゴールには絡んでやろうと思っているので、それが上手く結果に出ているのかなと。

次ももちろん自分が決めたい気持ちもありますが、チームが勝つことが優先なので。

自分の特徴はアシストとかチャンスメイクの部分だと思っているので、そういう部分を多く出していければいいと思います。

(中国の想定について)前回は5バックでめっちゃ引いてくるという感じでしたけど、今回はコンパクトにブロックを作ってきて、中盤にもプレッシャーをかけてきたので、前回より少しやりづらかったですね。ボールをペナルティエリアに入れていく回数は少なかったかなと思います。

ただビルドアップが上手くやれていました。拓実(南野拓実)はサイドに張るよりも中に入ってくるタイプなんで、自分が幅を取る。そして拓実がサコくん(大迫勇也)と近くでプレーする。

中盤3枚はボールを受けるのがうまいので、そのときに自分が最後のところで裏を狙ったり仕掛けたりというのを狙っていければと思っていました。それが何度か出たかなと」