三笘薫と町田浩樹が所属するユニオン・サンジロワーズ。

18歳のポーランド代表MFカツペル・コズウォフスキは三笘と同じようにブライトンからのローンで今冬加入してきた。彼は17歳だった昨夏にEURO史上最年少出場記録を樹立した逸材だ。

『Weszlo』によれば、そのコズウォフスキがポーランド代表の先輩ロベルト・レヴァンドフスキとのこんな秘話を明かしていたそう。

カツペル・コズウォフスキ(ポーランド代表MF)

「アシスタントコーチから映画が入ったメモリースティックを貰ったんだ。退屈な時のためにってね。

戦術分析ではなく映画をね。分析のは試合に備える時に見るよ。

それを貰ったんだけど、僕はノートパソコンを持ってませんと伝えた。自分はそういうものにはお金をかけたくないからね。

すると、コーチはレヴィ(レヴァンドフスキ)をその場に呼んで、『カスペルはノートPCを持ってないんだって』と言ったんだ。どういうわけか、僕にノートPCを買ってくれないかと頼んだのさ。

ロベルトから『ノートPCは必要?』と聞かれた僕は『いりません』と答えた。

その2日後にロベルトがやってくるとこう言われたんだ。『部屋の前に先輩からのプレゼントがあるよ』って。その素敵な振る舞いに本当に感謝したよ。

後日、彼にあのノートPCは持っていたものなのか、買ったものなのかを聞いたんだ。

『いや、こういうものまで持っていられないよ』と言われたので、『いくらだったんですか?』と聞き返した。

彼は『分からない、4、覚えてないな』と言っていたよ」

レヴァンドフスキは、ノートPCを持っていなかった後輩のためにわざわざ新しい物を買ってプレゼントしてあげたとか。

【動画】香川真司、レヴァンドフスキへの優しすぎるアシストシーン

そのPCの購入価格について、レヴァンドフスキは「4」と答えていたようだが、それが4000ユーロということなのか、4ケタということなのかは分からず。