バルセロナからアストン・ヴィラにローン移籍したブラジル人MFフィリペ・コウチーニョ。新天地で背負う背番号は23に決まった。

クラブ公式インタビューでその理由を語っている。

フィリペ・コウチーニョ

「まずは、選ぶことができた番号のひとつだったこと。

それから、23は好きな番号だし、以前につけてプレーしたこともあるんだ。

幸運をもたらしてくれると思うよ、きっとね(笑)」

今季バルサでつけた14番なども空いていたはずだが、23を選んだコウチーニョ。

【動画】コウチーニョ、ファンダイクを絶望させた神シュート

この番号をつけたのは半年だけプレーしたエスパニョール時代だけのはずだが、気に入っているとか。