各地で行われたFAカップ3回戦。トッテナムは3部モアカムによもやの苦戦を強いられるも、3-1の逆転勝利を収めている。

ただ、途中交代になったタングイ・エンドンベレはホームサポーターからブーイングを浴びた。

前半に先制を許したスパーズは、1点を追う後半24分に3人同時交代を決断。エンドンベレも交代になったのだが、彼は急ぐ素振りを見せなかったのだ。

『Sky Sports』によれば、観客の怒りを買ったエンドンベレはブーイングを浴びせられると、ベンチに戻らずにロッカールームへと直行したという。

試合後、コンテ監督は、エンドンベレに認識を改めろと促していたそう。

アントニオ・コンテ(トッテナム監督)

「自分は試合に集中していた。0-1で負けていたからね。こういう状況はサッカーでつきものだ。

(観客がエンドンベレにブーイングしたことについて)

認識を改めさせようとするのはいいことさ。失望していたなら、それは普通のことだ。

自分も選手だったので、こういうことはあった。自分のパフォーマンスに不満を抱かれたことがね。それが我々の人生だ。

努力を続けて、次はもっとよくなろうとしなければいけない。

いいパフォーマンスをしたら、ファンは喜んでくれることをよく理解する必要がある。

いいパフォーマンスができなければ、ファンは不満になる。それがサッカーだ。

勝っても負けてもファンは常にハッピーでなければならないと考えているなら、それは間違っている。

私だって勝てないと不満だ。いらつくしね、それでいいと思う」

2019年にクラブ史上最高額となる5500万ポンド(86億円)でスパーズに加入したエンドンベレ。

【動画】あわやのスパーズを救ってくれた!ウィンクスの「角度なし超FK」

いまだに一貫性を見せられておらず、チームで厳しい立場に置かれている。