世界最強ストライカーであるロベルト・レヴァンドフスキを擁するポーランド代表。

ワールドカップ出場をかけて、3月に欧州予選プレーオフを戦う。

だが、それを前にパウロ・ソウザ監督が退団。まだ契約途中だったが、フラメンゴの新指揮官になるためにチームを去ったのだ。

プレーオフという大一番の前に起きた監督退任騒動は物議を醸している。『Sport.pl』によれば、レヴァンドフスキもひどく失望しているという。

ロベルト・レヴァンドフスキ

「『本当なのか?』と思った。

ショックと失望だ。事前に一切情報はなかった。まったく兆候はなかったし、彼と話してもいない。

ショックだったし、不信感と大きな失望がある。

自分はドバイにいた時にそれを知った。ゴシップ記事なのか、本当に何かあるのか、分からなかったんだ。そして、翌日に公式なものになった。

ドバイにいたので、監督に電話する必要性は感じなかった。これは僕ではなく、彼が決めたことだ。

このような対応にはかなりの不満が残る。それがこの状況における最悪のものだと思う」

監督がチームを去ることは事前には一切知らされておらず、突然の出来事だったようだ。

なお、後任監督の候補にはファビオ・カンナバーロが浮上しており、すでに協会側との会談も行われたとされている。

【動画】次元が違う!レヴァンドフスキ、2022年初のスーパーゴール

ポーランドはプレーオフ準決勝でロシアと対戦。そこで勝てば、スウェーデンとチェコとの勝者と決勝を戦う。