バルセロナに所属しているブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョが、アストン・ヴィラへ移籍する可能性があるようだ。

『Eurosport』によれば、スペインのジャーナリストであるエレバ・コンディス・エドがこの2チームの交渉を明らかにしているという。

アストン・ヴィラの監督を務めているのはスティーヴン・ジェラードで、かつてフィリペ・コウチーニョと同じリヴァプールに所属していた。

その関係もあり、今回アストン・ヴィラは今シーズン終了までのローンでコウチーニョを借りるための会談に臨んでいるとか。

なお、バルセロナがコウチーニョの放出に向けて交渉したのはプレミアリーグの3クラブだったとのこと。

【写真】コウチーニョはどうなる?リヴァプールに「出戻り」した6名

コウチーニョとバルセロナの契約は2023年夏まで残っているものの、選手側は退団に前向きな姿勢を示しているという。