このところクリスティアン・エリクセン、セルヒオ・アグエロと有名選手の心臓病発覚が相次いでいた。

他にも、アダマ・トラオレ(シェリフ)、エミル・パルソン(ソグナル)、ピオトル・ジエリニスキ(ナポリ)、マルタン・テリエ(レンヌ)、チャーリー・ワイク(ウィガン)、ジョン・フレック(シェフィールド・ユナイテッド)など、プレー中に体調不良を訴える選手が多かった。

『Daily Mail』によれば、これらの出来事を受けてプレミアリーグの選手たちには「新型コロナウイルスワクチンの影響ではないか」という見方が広まっているという。

調査によって、いくつかのクラブのメディカルスタッフは「ワクチンを懸念している元選手により、そのような疑惑が広められている」と証言したそう。

ただし、クリスティアン・エリクセンはEURO2020の段階では新型コロナウイルスのワクチンを接種していなかったことが明らかになっている。

【写真】「アグエロがシティでデビューした」試合、スタメン11人覚えてる?

イングランド・プレミアリーグでは、現在およそ84%の選手が少なくとも1回のワクチンを摂取したことが判明している。また、77%の選手は2回のワクチン接種を終えているそう。

ただ、2部から4部を調査した結果ではおよそ75%の選手が摂取を終えている一方、25%の選手はワクチンを打つ予定がないと返答していたという。