古橋亨梧の活躍もあり、国内リーグカップで優勝を飾ったセルティック。

そうしたなか、スコットランド政府は「これから3週間は500人以上の観客が試合を観戦することはできない」という新型コロナウイルス規制を決定した。

1月2日に予定されているセルティックとレンジャーズのオールドファームもほぼ無観客の状態で行われる可能性が高い。

『Sky Sports』によれば、アンジ・ポステコグルー監督は無観客試合についてこう述べていたそう。

アンジ・ポステコグルー(セルティック監督)

「好きではない。無観客で行われるサッカーは好きではない。

日本でのシーズンにもあったが、楽しくなかった。選手たちにとっては、いつもとは違う試合、違う環境になってしまう。

当然ながら、私はサポーターと一緒にプレーするのが好きだ。例え、キャパシティが減らされたとしてもね」

なお、セルティックと23日に戦う予定のセントミレンは、チーム内のコロナ感染を理由に試合延期を求めている。

【動画】最高だ!ポステコグルー監督と古橋の合体シーン

また、ポステコグルー監督は怪我が癒えきっていない古橋の起用法については、こう話していたとのこと。

アンジ・ポステコグルー(セルティック監督)

「(セルティックは1月2日~22日までは日程が空く)

彼が休み前の全ての試合でプレーすることはないだろう。

我々はこの期間を乗り切らなければいけない。彼はまだ100%ではない」