アーセナルで右サイドバックとしての地位を確立している日本代表DF冨安健洋。

プレミアリーグ第18節リーズ戦でも負傷交代になるまでは素晴らしいパフォーマンスを見せた。

現地メディアが「グレート」と賞賛した冨安の守備シーンをミケル・アルテタ監督はこんな表情で見つめていたぞ。

冨安がボールを奪われかけた瞬間には身をのけ反らせる!その後、見事な粘りを見せた冨安が相手に倒されると、猛烈な勢いで抗議していた。

一時は解任説もささやかれたアルテタ監督だが、現地ではその手腕があらためて評価されている。

【写真】オーバメヤングも…追放されたことがある10名のスター

なお、冨安の怪我については、「筋肉系の問題だった。彼にはかなりの負荷がかかっていて、今週はやや苦しんでいた。(だから)交代することにした。彼はこの試合にフル出場するのに100パーセントの確信があったわけではなかった」と説明している。