プレミアリーグ第18節、2-2の引き分けに終わったトッテナム対リヴァプールの一戦。

ユルゲン・クロップ監督は「自分たちを助けてくれるレフェリーは必要ない。明確で客観的なレフェリーが必要だ。3つの決定的な判定全てが我々に不利だった」と判定への不満を露わにしていた。

ただ、試合直後にはスパーズFWソン・フンミンと談笑するこんなシーンも。

何やら言葉を交わすと2人で爆笑!いい雰囲気が漂っていたが、どんな会話だったのか気になるところだ。

【動画】仲良しなのか!ソン・フンミンとリヴァプールFWマネの大ハグシーン

試合前に「相手から勝点3を奪いたい、僕らのホームだからね。彼らには最悪の夜を過ごさせてやりたい」とリヴァプールに宣戦布告していたソンは、同点ゴールを決めて有言実行。

これがスパーズでの通算300試合目だった彼は「この素晴らしいクラブでの300試合出場をとても誇りに思う!」と喜んでいた。