プレミアリーグ第18節、アーセナルは敵地でのリーズ戦に1-4で勝利した。

冨安健洋は負傷交代になる63分まで素晴らしいプレーを披露。現地で賞賛された圧巻のディフェンスシーンがこれだ。

素晴らしいスピートと身のこなし、冷静な判断でピンチを回避!

『Guardian』では「冨安が割って入り、危機を回避。グレートなフットボール」と賞賛していた。

【写真】冨安も安心!日本人と同僚だった経験がある現アーセナルの7人

なお、アルテタ監督は「筋肉系の問題だった。彼にはかなりの負荷がかかっていて、今週はやや苦しんでいた。(だから)交代することにした。彼はこの試合にフル出場するのに100パーセントの確信があったわけではなかった」と冨安の怪我について説明している。