15日にカンプ・ノウで記者会見を行い、現役引退を表明したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ。

10月に行われたアラベス戦で体調不良を感じたことで心臓の不整脈を抱えていることが明らかになり、医師のすすめによってサッカーを辞めることを決断した。

【動画】2017年、「OASIS」のギャラガー兄弟、そしてリオネル・メッシからの動画メッセージを受け取るアグエロ

彼の親友として知られるリオネル・メッシは自身のSNSを更新し、アグエロに対して以下のようなメッセージを送っていた。

リオネル・メッシ

「君とは事実上すべてのキャリアをともに歩んできたことになる。素晴らしい瞬間もあれば、そうでない瞬間もあった。

しかしその全てが我々をますます親密にしてくれた。より深い友人にしてくれた。そしてピッチの外でもともに生き続けてきた。

最近コパ・アメリカでともに優勝した大きな喜び、そしてイングランドで達成してきたすべての業績。

そして今、君自身の体に起こったことでサッカーを辞めなければならないのを見て、とても辛く感じている。それが本音だ。

君は幸せを発信する人だから、これからも幸せでいられると思う。君を愛する我々もともにいるはずだ。

これから新しいステージが始まるね。何事にも意欲的に取り組み、笑顔で生きていくことができるだろうと確信しているよ。

そこでの活躍を期待している!ピッチに一緒にいてくれた君、代表チームで一緒にいてくれた君、とても寂しく思うよ!」