J1の横浜FCは15日、サッカー評論家のセルジオ越後氏がYoutube上で発信した内容に抗議する声明を発表した。

セルジオ越後氏は3日、自身のYoutubeに公開した動画の中で横浜FCに所属するカズこと三浦知良を取り上げた。

この中でセルジオ越後氏は、カズが日本サッカー界に残してきた功績を裏話などを交えて賛辞する一方、「選手としては無理」と54歳になった日本のかつてのエースを酷評した。

さらにセルジオ越後氏は、問題はカズ自身よりもカズを雇っている横浜FC側にあるとして契約内容についての考えを述べている。

この発言に対し、横浜FC側は猛反発。「このままでは虚偽の内容が拡散されることにより当クラブの名誉が著しく毀損される」として、クラブの代表取締役会長CEOである小野寺裕司氏が自らの名前で抗議の声明を出した。

【写真】「この冬、Jリーグにやって来るかもしれない外国人選手たち(2021-22編)」

「本動画においてセルジオ越後氏は、三浦選手を雇用していることが「雇っている方の責任問題」であるとしたうえ、「彼(三浦選手)がCMに出てクラブにお金が入る」、「それが財源になって戦力がアップする」、「彼がいなくなったら横浜FCは大変なことになる」、「ただそれでお金が入ればいいもんだったらそれはちょっと(カズが)利用されているみたい」等と発言し、それらの発言をテロップにより殊更に強調して配信をしております。

しかし、当クラブは、三浦選手がCMに出演すること等により収入が得られるような契約は一切しておらず、YouTubeにおけるセルジオ越後氏の発言は事実とは異なり、三浦選手のCM出演等により収入を得たことはなく、当然その収入により戦力をアップさせた事実もありません。」

【厳選Qoly】サガン鳥栖MF長沼洋一「WBが嫌だった」から始まった武者修行…川井健太監督との出会い、苦節8年目での二桁ゴール(インタビュー)

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら