生え抜きとしてプレーしてきたバルセロナを去り、PSGへと電撃移籍したリオネル・メッシ。退団会見で見せた涙は大きな話題になった。

【動画】嘘泣きじゃない…メッシ、バルサとの惜別涙シーン

そうしたなか、かつてバルサで彼とともにプレーしたティエリ・アンリがその退団に言及。

『GQ』によれば、アーセナルからバルサに移籍した自らと比較しつつ、こう話していたそう。

ティエリ・アンリ

「若い頃から長くを過ごした場所、去ることなど考えたことすらなかった場所を離れる時、感情的にかなりすり減るものだ。

自分がいるところを把握・理解しなければいけないし、新しいリーグや新しいチームに適応する必要があり、その移籍を“消化”しなければいけない。

彼が退団する時に涙を見せたが、あれは偽物の涙ではない。

彼は泣いた。あなたが彼だったとしても、適応と理解には少し時間がかかる。ただ、彼もまた人間なんだということを理解する必要がある。

感情的になるし、心を揺さぶられることもある。彼にとってバルセロナ退団は、いまだに生々しいものだ。

それでも、彼が一変することを信じているよ。上を向くことを願う。私には確信がある。

自分がアーセナルを去り、バルセロナに移籍した時も同じだった。環境に慣れるのに少しだけ時間がかかった。

アーセナルを退団して、バルセロナに加入するなんて考えもしなかった。

確かに素晴らしいクラブ、素晴らしい街にいたよ。でも、消化するのに少し時間はかかったんだ」