マンチェスター・シティで活躍を続けるベルギー代表ケヴィン・デブライネ。

彼が幼い頃はリヴァプールファンであり、もともとはストライカーだったと明かした。『Amazon Prime Video Sport』の一問一答に答える企画でこう述べたのだ。

ケヴィン・デブライネ

「(幼い頃はマイケル・オーウェンが一番のお気に入りだった?)

その通りだよ。

家族がリヴァプールサポーターでね。だから、僕もリヴァプールだった。

本当に小さい頃の自分は小柄で素早いストライカーだったんだ」

現在は180cmを超える身長のデブライネだが、幼少期は小柄だったそうで、同じような体躯のオーウェンが大好きだったとか。そして、家族はリヴァプールファンだったことから、自分もそうだったという。

【動画】デブライネ、リヴァプールを絶望させた無慈悲鬼シュート

そんなデブライネは、4か国語(英語、フランス語、オランダ語、ドイツ語)を操れることも認めていた(ベルギーはフランス語とオランダ語が公用語)。