2019年夏に100億円の移籍金でレアル・マドリーに加入したエデン・アザール。

故障によって多くの試合で欠場を余儀なくされると、今季は怪我が癒えたにもかかわらず、ヴィニシウス・ジュニオールの控えという立場になってしまった。

ただ、『El Golazo de Gol』によれば、この日、アザールは練習場にやってきた際、レアルファンたちから「僕らはピッチに立つあなたを見たい。残留して、退団しないで」という言葉をかけられていたそう。

今季まだノーゴールのアザールは、代表戦終わりのグラナダ戦を胃腸炎で欠場。UEFAチャンピオンズリーグのシェリフ戦のメンバーからも外れた。

【動画】アザール、問題になったレアル敗退後のニコニコシーン

ニューカッスルや古巣チェルシーへの移籍説が浮上しているが、冬に動きはあるだろうか。