英2部のレディングは元イングランド代表FWアンディ・キャロルと短期契約を結んだと発表した。

契約期間は2022年1月中旬まで。32歳のキャロルは昨季限りでニューカッスルを退団し、それ以降は無所属となっていた。

 

【動画】キャロル、リヴァプール時代にシティを粉砕した超ミドル

現在16位のレディングを率いるヴェリコ・パウノヴィッチ監督は「この移籍は選手とクラブにとって正しいものだと確信している。アンディはキャリアでの新たなチャレンジを探している。そして、我々は質と経験を備えた選手を探していた。なので、これは素晴らしい組み合わせだ。今後数か月にわたって、アンディと働くことが本当に楽しみだ」と述べている。