11月14日に行われた地域サッカーチャンピオンズリーグ盛岡会場の第3日目、おこしやす京都AC対クリアソン新宿の試合を取材しました。

両者ともにすでに勝点6を獲得したために決勝ラウンドへの進出を決めており、迎えた3試合目は順位を決めるだけの90分。

おこしやす京都ACもクリアソン新宿も大きくメンバーを入れ替えていたため、決勝ラウンドに向けてのテストとしても重要な試合となったぞ。

結果は3-2でおこしやす京都ACが勝利。ここまで2試合ともに無得点で途中交代となっていた関西サッカーリーグ得点王の青戸翔選手が、後半45分のみでハットトリックを達成することに。

試合後には、おこしやす京都ACからその青戸翔選手と清水良平キャプテン、クリアソン新宿から井筒陸也キャプテンに話を聞くことができた。

この3日目の結果、決勝ラウンドに進むことになったのはFC ISE-SHIMA、おこしやす京都AC、クリアソン新宿、そしてFC徳島の4チームとなった。

11月24日から開幕する決勝ラウンドでこの4チームによってJFL入れ替え戦への出場権を争う激しい戦いが行われる予定だ。