2022年ワールドカップの出場を決めたフランス代表。8-0で大勝したカザフスタン戦ではキリアン・エムバペが4ゴールと爆発した。

『Gracenote』によれば、フランス代表の公式戦で4ゴールを決めるのは、1958年W杯3位決定戦でジュスト・フォンテーヌが記録して以来のことだそう。

そのエムバペは『M6』のインタビューでこう述べていた。

キリアン・エムバペ(フランス代表FW)

「最も大事だったのは予選突破。

(前回優勝の)タイトルを守るために自分たちにチャンスを与えたかった。

実際にW杯で優勝していたとしても、W杯でプレーするのは想像を絶する夢のままだよ。

(ホームの)観客も楽しんでいたし、僕らはこの試合と相手を尊重して、最後まで相手を痛めつけたかった。

僕のヘディングは上達しているよ。まだ高いレベルではないけれど、そうなりたい」

相手をリスペクトしつつ、最後まで手を抜きたくなかったとか。エムバペは3点目となるゴールを見事なヘディングで決めている。

【動画】激レアな美ヘッドも!エムバペの無慈悲な全得点シーン

ディディエ・デシャン監督も「いつもハーフタイムにペースが少し落ちてしまう危険性があるが、今日の我々は相手をリスペクトし続けた(後半にも得点を重ねた)」と述べていたとのこと。

一方、カザフ監督は「選手たちには恐れずに自分たちの個性を発揮しろと伝えた。監督として、敗戦は常に痛い。チームの問題がどうあれ、何よりも自分に責任がある。非常に痛いし、とても不快だ。これ以上言うことはない。このスコアが全てを物語っている」とこぼしていたそう。