佳境を迎えているワールドカップ欧州予選で、フランスとベルギーが本戦出場を決めた。

グループEのベルギーはエストニアを3-1で撃破し、無敗のまま予選突破が決定。グループDはフランスがカザフスタンを8-0で圧倒し、こちらも無敗で首位通過を決めた。

カザフ戦ではキリアン・エムバペが4ゴールと爆発。『Gracenote』によれば、フランス代表の公式戦で4ゴールを決めるのは、1958年W杯3位決定戦でジュスト・フォンテーヌが記録して以来のことだそう。

【動画】4ゴールのエムバペ、激レアな頭でのゴールシーン!

ディディエ・デシャン監督は『M6』のインタビューで「予選突破は目標だった。さらに、選手たちのマネー、ともにプレーする喜び、特にストライカー同士の分かち合いがあった。いいね、誰もがケーキを分け合っていた。とても素晴らしいサッカーの夜」などと述べていたそう。