レアル・マドリーで苦闘しているベルギー代表エデン・アザール。

2012~2019年までプレーしたチェルシーでは352試合で110ゴール92アシストと素晴らしい活躍を見せた。ただ、宿敵トッテナムに移籍する可能性もあったようだ。

『BBC』によれば、元スパーズ監督のハリー・レドナップ氏は、逃がしたことを後悔している選手を聞かれると、こう明かしたという。

ハリー・レドナップ(元トッテナム監督)

「トッテナム時代のエデン・アザールだろうね。

リールにいたジョー・コールが電話をかけてきて、これまでプレーしたなかで最高の選手と一緒にプレーしていると言ったんだ。アザールはすごいと言っていたよ。

私も彼を見に行ったが、素晴らしかった。ホテルの一室で彼と代理人と会ったし、彼はトッテナムに来る準備をしていたんだ。

当時の彼は1600万ポンド(現レートで24.4憶円)ほどだったと思う。だが、ダニエル・レヴィ会長はその金を支払う準備がなかった」

レドナップ氏は2008~2012年までスパーズを監督として指揮した人物。元イングランド代表MFジョー・コールが驚嘆するほどの存在だったというリール時代のアザールと会談までしたそうで、移籍に近づいていたとか。

【動画】ガチの天才だったアザール、リール時代の異次元テクニック

お手頃価格で獲得できるはずだったが、スパーズのレヴィ会長が投資を渋ったようだ。