近年のUEFAチャンピオンズリーグで激突してきたマンチェスター・シティとPSG。

世界屈指の資金量を誇るクラブであり、ともにビッグイヤー獲得を悲願としている。

そうしたなか、シティMFケヴィン・デブライネの発言が話題になっている。『France Football』のインタビューでこう話していたそう。

ケヴィン・デブライネ(マンチェスター・シティMF)

「僕らはやりやすいグループだと思う。強烈な個性の選手がいない、もしくは、ほとんどいない。それはとても大事なことさ。

キャラが多過ぎるとすぐに問題が起きる。

誰だってベンチに座りたくないけれど、誰もがシティのためにベストを尽くしたいと思っている」

「シティのリクルートチームは、最高の選手を探すだけでなく、その選手の私生活や他人との付き合い方も調べる。グループを作る方法を知っているんだ。

PSGがやっていることとは少し違う。哲学が異なる。

彼らが僕らよりもうまくいかないというわけではないよ。でも、違うんだ。

僕らはこのシティでプレーできることを幸運だと感じている」

シティはチームとしてまとまりやすいように、選手としての能力だけでなく、性格や素行面なども考慮して選手を獲得するという。その点でPSGとは違うと口にしていたようだ。

【動画】ネイマール、PSGを絶望させた鬼曲がりフリーキック

そのシティとPSGは25日のCLでふたたび対戦する。