アントワープへ加入し、三好康児と同僚になった元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン。

地元ベルギーで初めてプレーしている33歳の彼は、『HLN』でこんな話をしていた。

ラジャ・ナインゴラン(アントワープMF)

「(今でもトレーニングは好きなのか)

あぁ、そうじゃなけりゃもうやってないよ。

ただ、フィジカルが最重要だとは思わない。フィットネスはボディビルダーのため、ランニングはアスリートのためのものだ。

俺はサッカーがしたい。フィジカルトレーニングは好きじゃない。

(アントワープの長身FWミヒャエル・)フライは動きすぎだ。

CFとして彼はそのポジションにもっと留まるべきさ。

彼は外に開いてクロスを上げる時もあるが、誰もボックス内にいない。やりすぎることがある」

「煙草を吸うことの何が悪い?俺は肺を鍛えているのさ。

それでリラックスできる。何の問題もない。

普通の仕事をしている人間も喫煙できないのか?」

彼は喫煙や飲酒が問題視されることがあるが、本人的には全く問題ないと捉えているようだ。

【動画】喫煙は関係ねぇ!ナインゴラン、人間離れした爆裂シュート

また、VARは「サッカーを完全に破壊する」と考えており、反対派だそう。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら