今週行われるベトナム戦とオマーン戦に向け、キャンプをスタートさせた日本代表チーム。

まだ全員が揃ったわけではないものの、8日に選手たちがZoomでのリモート会見に応じた。

そこに出席したGK権田修一は、「突然集まってプレーすることになる代表チームで、選手の役割や立ち位置はどのように考えていますか?」と聞かれてこう答えていた。

権田修一

「僕自身もともとサッカーを見るのが好きで、ヨーロッパの試合も観戦する方なんです。

各選手がヨーロッパでどんなプレーしているのかなというのは…今ちょっと放送がバラバラなので(笑)わざわざドイツのリーグのためにスカパーさんに入ったりしました。

全部1つで、地上波でやってくれたらいいのになと思いますけど、なかなかそうもいかないので。

いろんなところと契約して、極力ヨーロッパの選手がどういう感じでプレーしているのかとか、どういうポジションでやっているのか、チェックするようにしています。

代表で求められることは違うにしても、普段やっているプレーというのは出やすいものだと思っているので。

今回に関しては初招集もいますし、このメンバーでやるのは初めてという選手もいるので、まずは気持ちよくプレーできるように。

特に守備のところでリスタートの確認だったり、ストレスにならないようにしてあげたいなと思います」

【写真】独断と偏見で選出!政治家に転身できそうな現役サッカー選手の5名

普段も海外のサッカーを見ており、ドイツのリーグでプレーする日本代表選手をチェックするためにスカパーを契約したという。研究熱心と言われる権田修一らしいエピソードだ。

【厳選Qoly】親の名前が強すぎる!父の跡を追う「オランダ最強レジェンド」の息子5名

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら