先日から大きな話題の一つになってきたマウロ・イカルディ&ワンダ・ナラ夫妻の離婚騒動。

イカルディがアルゼンチンの女優ユージニア・スアレスという女性と不倫していたことが判明したため、ワンダ・ナラは離婚を宣言していた。

しかしながらその後イカルディ側から謝罪と和解の申し入れがあったため、離婚の申請を行う直前になって復縁を決断したという。

ところが、『Corriere dello Sport』などによれば、結局この二人はまた破局することになったという。

記事によれば、どうやらワンダ・ナラが「飛行機のチケットを提供してスアレスをパリに招待していた」という事実を掴んだためだそう。

スアレスの友人からワンダ・ナラは電子メールを手に入れ、その中に「自分がミラノに行っている間にパリで不倫していた証拠」を発見し、イカルディに詰め寄ったという。

その際にイカルディがぞんざいな返答をしたことから本格的に離婚の手続きを再開したとか…。

ワンダ・ナラはなんと自身のSNSに元夫のマキシ・ロペスと、彼の現妻のダニエラ・クリスティアンソンの写真を投稿するという行動も。

ワンダ・ナラはかつてマキシ・ロペスと結婚していたが、マウロ・イカルディと不倫の末に離婚したという経験を持つ。

【写真】不倫でいろいろあったサッカー選手20選、その1

その後友人だったイカルディとマキシ・ロペスは犬猿の仲となり、試合前の握手を拒否する場面も話題に。両家族は複数回の裁判を行うなど激しい対立に発展していた。

アジア最終予選を観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら