ロナルト・クーマン監督に冷遇され、バルセロナで苦しい立場に陥っていた天才MFリキ・プーチ。

しかし先日そのクーマン監督が解任されたことによって状況は変化すると予想されており、今後は出番が復活してくるのではないかと考えられている。

【動画】バルセロナの下部組織で育成され「天才」と呼ばれたリキ・プーチ

そのような変化の影響もあってか、『Marca』によれば彼は今回代理人を変更することを決めたという。

これまでリキ・プーチの代理人は父親が務めていたものの、今後数日間で彼は新しいエージェントと契約するとのこと。

彼が契約するのはアルトゥーロ・カナレス。『AC TALENT』という事務所の代理人で、チャビ・エルナンデスやジェラール・ピケも担当している敏腕だ。

アンデル・エレーラやケパ・アリサバラガ、カルレス・ペレスら国外に渡っている選手も多く担当しており、その交渉能力には高い評価が与えられている。

この動きは果たしてどのような意味を持つのか…。