今季招聘したヌーノ監督を17試合で解任したトッテナム。新監督となるアントニオ・コンテ氏と2023年夏までの契約を結んだと発表した(延長オプションあり)。

『Telegraph』によれば、コンテ監督は6月の時点ではトッテナムからのオファーを断っていたという。

当時はエースFWハリー・ケインが移籍する可能性があったが、コンテは彼を放出しなかったスパーズの姿勢に感銘を受けたとか。

また、スパーズの監督就任要請を一度断った後、コンテはAmazonで配信されているドキュメンタリー「All or Nothing」を見て、そこでクラブ運営方法や選手たちの性格などを見抜いたとのこと。

同ドキュメンタリーは通常は見ることができないクラブ内部の様子も撮影されているが、コンテはそれを活用していたようだ。

【動画】コンテも見た!?Amazonで配信されたソン・フンミンの荒らぶりシーン

そのコンテはフィオレンティーナFWドゥシャン・ヴラホヴィッチ、ミランMFフランク・ケシエを補強ターゲットにしているほか、3バックを導入したがっているとも伝えられている。