昨季限りでアーセナルを退団し、ブラジルリーグの名門コリンチャンスに加入したウィリアン。

ここまでなかなか活躍できない中、10日前には負傷によって4~5週間の離脱を余儀なくされたことが発表された。

そんな彼が今回治療として行ったのが、凍結療法だ。液体窒素をミスト状にして噴出することで、キャビンの中は最低マイナス180℃まで冷やすことができる。

短時間急激に体を冷やすことによって血流へのアドレナリン放出を活性化し、心拍数や筋力、血圧を上昇させるという。

【写真】 1月にアーセナルを退団するかも?5名の選手

ただもちろんキャビンの使い方については細心の注意が必要で、アメリカではミスで死亡した選手もいるとか。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら