2007年から所属するレアル・マドリーで530試合に出場してきたマルセロ。33歳になった彼は今季限りで契約が満了になる。

本人は古巣フルミネンセへの復帰を希望していると伝えられたが、『TNT Sports Brasil』はその情報を否定した。

母国復帰説は根拠のないものであり、まだマルセロはどのクラブとも話していないほか、彼のスタッフも(現時点では?)ブラジル帰国の可能性がないことを認めたという。

【動画】マルセロ、世界最強時代のスーパープレー

同紙は噂について確認するためにマルセロのマネージャーであるカイオ氏に連絡をとり、独占情報を得たとのこと。

その結果、マルセロがブラジルに戻る可能性はなく、本人は欧州でのプレー続行を希望していることが判明したそう。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら