昨季バルセロナからアトレティコ・マドリーへと移籍し、34歳ながらもリーガで活躍を続けているルイス・スアレス。

【動画】バルセロナを涙ながらに去ったルイス・スアレス

彼は今回『ESPN』のインタビューで、かつてウルグアイ代表で同僚だったDFディエゴ・ルガーノとのトークセッションを行ったとのこと。

その中で今後のキャリアについてのトークを行い、南米に戻ってプレーすることにはあまり前向きではないと話したという。

ルイス・スアレス

「トップに立つために努力したことをとても大切にしているし、いいイメージを残している。

36~37歳で南米に戻ったら、人々は27~30歳のスアレスのパフォーマンスを期待するだろう。

もしそのレベルのパフォーマンスが出せなくても、『彼は昔のように走れないね、ゴールも決められないね』と批判されないほうがいいよね。

そのような悪いイメージを残さないために、別の場所で自分自身のプレーを楽しみたい。南米で感じるプレッシャーなしにね。

南米よりは、アメリカかアジアか、あるいは37歳でも楽しめる場所で続けたい」
冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら