深刻な財政難により、リオネル・メッシらを放出したバルセロナ。戦力が低下したことで、厳しい戦いを強いられている。

そうしたなか、『SPORT』は「オランダ代表フレンキー・デヨングは停滞しており、バルサはそれを憂慮している」と伝えた。

SPORT

「デヨングのケースはバルサで警鐘を鳴らしている。

世界で最も有望な選手のひとりだったが、3年も経たないうちに、かろうじで試合にかかわる存在になってしまった。

もちろん、組織として不甲斐ない試合のせいもあるが、彼は平凡さに抗うべきだ。

(いまの?)デヨングはデヨングではない。人を非難することで時間を浪費することはないが、他の選手への警鐘にすべきだ。

アンス・ファティは契約を更新したばかり。ペドリは先週したし、ニコも5月にした。ガビももうすぐだろう。

彼らはとてもいい選手たちだが、まだ学んでいるところだ。

フレンキーは21歳で加入したが、全てを知っているわけではなかった。

なぜクラブの誰も選手としての彼の成長を手助けしようとしたかったのか。

若手選手たちの成長を手助けするのは誰なのか。どんなプランがある?それを実行する人物を教えてくれ。

あまりにも問題があり過ぎる」

現在24歳のデヨングは2019年にアヤックスから加入すると、これまで109試合で9ゴール14アシストをマークしている。

【動画】天才デヨング、レアルを子ども扱いした別次元プレー

今のバルサのなかでは最高の選手のはずだが、もっと成長できていたはずであり、クラブはその手助けができていないという指摘だろうか。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら