宿敵レアル・マドリーとのエル・クラシコに1-2で敗れたバルセロナ。

カンプ・ノウでの試合後には一部のバルササポーターがロナルト・クーマン監督が乗る車を取り囲む事態が発生し、バルサはその行為に対する抗議声明を出した。

そのクーマン監督は解任説が囁かれ続けているが、敵将であるカルロ・アンチェロッティ監督は励ましの言葉を送っていたようだ。

『Cuatro』によれば、試合後に言葉を交わした際、アンチェロッティは「我々は困難な仕事をしている。続けなければいけないよ」とエールを送っていたそう。

ライバルチームではあるものの、クーマンが置かれた状況への理解と共感を示していたとか。

【動画】これが決まっていれば…バルサ、レアル戦での唖然茫然シーン

また、アンチェロッティ監督は会見でも「相手チームを批判するは好きではないが、彼らもいい試合をしたよ」と話している。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら