昨季のセリエAで2位になり、2013-14シーズン以来となるUEFAチャンピオンズリーグの舞台に戻ってきたミラン。

だが、ポルトとの第3節に1-0で敗れ、まさかの3連敗となった。

Optaによれば、ミランがCLのグループステージで開幕3連敗を喫するのはクラブ史上初だそう。

リヴァプールとの第1節は3-2、アトレティコ・マドリーとの第2節は1-2と全て1点差ではあるが…。また、ミランは2014年から通算でCL5連敗にもなった。

試合後、ズラタン・イブラヒモヴィッチは「今日は3試合のなかで最悪のパフォーマンスだった。これらの試合から学び、成長しなければいけない」とコメント。ダヴィデ・カラブリアも「言い訳は大嫌いだ。自分たちはもっとやるべきだった。こうなったからには理由がある」と述べていた。

【動画】イブラヒモヴィッチ、CLでやった意味不明の伝説シュート

グループBは3連勝のリヴァプールが首位、アトレティコとポルトが勝点4で並び、そして、ミランは勝点ゼロの最下位となっている。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら