UEFAチャンピオンズリーグ第3節、アトレティコ・マドリーはホームでのリヴァプール戦に2-3で惜敗した。

2点を先取された後にアントワーヌ・グリーズマンが2ゴールを決めて一旦は同点に追いつくも、後半にそのグリーズマンが一発退場。終盤にPKで勝ち越されて敗戦となった。

CL公式によれば、グリーズマンは1試合2ゴールを決めたうえで退場になった大会史上初の選手になったとのこと。

この日のアトレティコはグリーズマンを退場にさせられたうえ、終盤のPKもVARで取り消された(主審がモニターで確認)。

『Marca』によれば、ディエゴ・シメオネ監督は「レフェリーだって我々と同じようにミスをする可能性がある。とはいえ、我々は素晴らしい試合をした」などと述べていたそう。

(以下動画44秒~、映像はYoutube上でご覧ください)

【動画】グリーズマン、ダイブで退場になった人生初のレッドシーン

ちなみに、グリーズマンがクラブレベルで退場になるのは人生で2度目。2017年のジローナ戦ではダイブをした後にイエローカードを貰うと審判への抗議で一発退場になっている。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら