先日、UEFAネーションズリーグで優勝を遂げたフランス代表。

ただ、スペインとの決勝戦では、ポール・ポグバが味方DFバンジャマン・パヴァールに対して怒りを露わにするシーンがあった。

2人は今夏のEUROでもやり合っていただけに、また衝突したと話題になっている。

そうしたなか、パヴァールは『Canal Football Club』のインタビューでポグバとの一件についてこう話したそう。

バンジャマン・パヴァール(フランス代表DF)

「映像は何度か見たし、その後にポールと話し合った。

彼はあんな反応をしてしまって申し訳ないと言ってくれた。

あの行動を見たけれど、僕の動きは十分ではなかった。ただ、立ち止まっていたわけでもない。

他の動きがあったり、他の選手が動いてもよかったけれど、誰もが止まっていた。

説明があったし、彼を責めるつもりはまったくない。試合後に話し合って、全て解決したよ」

ポグバは自陣ペナルティエリア内でボールを持った際、パスの出しどころがなかったためにパヴァールに激怒していた。

【動画】ポグバ、味方DFパヴァールに激怒した問題シーン

パヴァールは自分も完全に静止していたわけではないとしつつ、チームとしてもっとパスコースを作る動きをするべきだったと話していたようだ。