バルセロナから古巣アトレティコ・マドリーに復帰したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。

枠内シュートすら打てない状況が続いていたが、先日ようやく復帰後初ゴールを決めた。

そうしたなか、『Marca』は「グリーズマンは決して休まない」として驚くべきデータを伝えている。

グリーズマンはレアル・ソシエダ、アトレティコ、バルサで通算568試合に出場。その間、所属チームが戦った試合数は615試合なので、実に92パーセントの出場率を誇っているのだ。

また、プロデビューしてすでに10年以上が経っているが、怪我をしたのはわずか3度。

2016年末の怪我では4日間離脱したものの、試合欠場はなし。2017年末の怪我では9日間離脱し、1試合欠場。そして、2020年夏には筋肉の怪我で20日ほど離脱し、3試合を欠場している。

今年で30歳になったが、プロになってから負傷欠場したのはわずか4試合。1シーズン平均で50試合ほどの出場を続けている鉄人なのだ。

ちなみに、『Transfermarkt』によれば、同世代である29歳ネイマールは、これまで負傷によって611日間離脱し、110試合を欠場しているそう(グリーズマンは計34日離脱で4試合欠場)。

【動画】ネイマール、キレキレだった若手時代の魔法ゴール10連発

ネイマールも若い頃は全く試合を休まないスーパータフネスだったのだが…。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら