サウジアラビア公共投資基金(PIF)が支援するコンソーシアムによって買収されたニューカッスル。

PIFは世界でも最も影響力がある投資グループのひとつであり、その後押しを受けるニューカッスルは1月から大型補強に乗り出すとされている。

『Liverpool Echo』によれば、リヴァプールの南野拓実も獲得候補になりうるとのこと。

Liverpool Echo

「~南野拓実~

すでに昨季にサウサンプトンへローンされたこの日本代表は、ニューカッスルのターゲットになる可能性があり、その価値は1080万ポンド(16億円)と評価されている。

モハメド・サラーとサディオ・マネがアフリカネーションズカップ(2022年1月~2月)に参戦する見込みで、今季の南野はユルゲン・クロップ監督からより重要視されうるが、ニューカッスルならスタメン争いはやや楽になるだろう」

もしニューカッスルがアタッカー陣を大補強した場合には先発争いは激化しそうだが…。

【動画】南野拓実とマネ先輩とのほっこりシーン

ラルフ・ラングニックの招聘も噂されるニューカッスル。1月に補強しうる候補として数多くの選手が浮上している。

セルティック旗手がブレイク!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら