敵地で行われたサウジアラビアとのW杯アジア最終予選に1-0で敗れた日本代表。

試合後にはキャプテンである吉田麻也が相手サポーターに怒りを露わにするシーンがあった。『AlBayanSports』が伝えたその様子がこちら。

一部ファンから嘲笑されていた吉田は怒りの表情でスタンドに詰め寄っている。

『AlBayanSports』では、吉田は人種差別的なジェスチャーをしたとしてサウジファンを非難したと伝えている。

【動画】サウジ代表の公式がつくった…古橋のズタズタシーン

サウジサッカー協会の関係者は、『AFP』に対して、「今回の件はサウジ国民を代表するものではなく単純に個人によるもの」と述べたという。

一方、サウジのファンたちはTwitter上で謝罪のキャンページを始めたとも。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら