試合のキックオフ直前に祖父を亡くした選手が「とてつもないハットトリックを決めた」と話題になっている。

それを決めたのはカラム・オームロッドという21歳のプレーヤー。イギリスのマンチェスター近郊にある街ヘイウッドで活動しているアマチュアチーム「アヴェニューFC」でプレーしている選手だ。

先週末に行われたロッチダリアンズとの試合前、彼の祖父が死去するという知らせが入っていたという。

それにもかかわらず試合に出場することを決めたオームロッドは、なんとキックオフからわずか15分でハットトリックを叩き込んだそう。

【動画】カラム・オームロッドのとんでもないミドルシュート連発!

しかもその3ゴールはすべてとんでもないミドルシュートから…。

アヴェニューFCはこの試合で7-0と圧勝し、祖父にささげる3ゴールを決めたオームロッドはマン・オブ・ザ・マッチを獲得したとのこと。