プレミアリーグ第7節、マンチェスター・ユナイテッドはホームでのエヴァートン戦に1-1で引き分けた。

後半20分にエヴァートンの同点ゴールを決めたのは、FWアンドロス・タウンゼント。

彼はクリスティアーノ・ロナウドの前でロナウドがやるゴールセレブレーションを披露したことが話題になっている。

【動画】本人の前で!タウンゼントがやったロナウドのSiuuuポーズ

試合後、ウンゼントはセレブレーションについて、笑顔を交えてこう説明していた。

アンドロス・タウンゼント(エヴァートンFW)

「真似をしたわけではないんだ。自分のキャリアに影響を与えた彼に対するリスペクトの証さ。

彼は僕のアイドルだったし、彼のことを見て育った。

彼のフリーキックやシザースを真似しようと何時間も練習場やビデオルームで過ごしたんだ。

あのセレブレーションをちゃんとはやれなかったかもしれない。もっと時間をかけるべきだったかもしれない。

でも、サッカー史上最高のアイドルへのリスペクトを表したものさ」

真似ではなく敬意を示すためだったと述べていたタウンゼント。少し微妙な仕上がりになったしまったことも認めていたようだ。

冨安がアーセナル初アシスト!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら